ブレイリオ(Brelio)

ブランドヒストリー:Brand History

レーデルオガワ小川三郎氏との出会い

ブレイリオは、1994年4月に創業者上野克紘とレーデルオガワ創業者小川三郎氏との出会いにより始まりを迎えます。上野は小川氏の生み出すコードバンの水染めの本物の美しさに魅せられ、自身の信念である「こだわりのもの作りと素材の追求」に最もふさわしい素材として、レーデルオガワが生み出すアニリン染めコードバンのシステム手帳の発売を日本で初めて実現いたしました。その美しさは匠による絶え間ない研究と不変の技術により60年もの長きにわたり培われた日本伝統の技なのです。

ブレイリオ‐ものづくりの原点‐

1997年の創業以来ブレイリオでは、さまざまなこだわりのシリーズをご紹介し続けていますが、そのものづくりの原点にあるものは、看板素材のアニリンコードバンに追随する本物の素材の厳選と、それぞれの皮革本来の持つ性質を見極め、その特長を生かした仕上げとデザインを常に研究し続けることです。